Atomos Shogunファーストインプレッション


開梱してみると専用のケースに本体と周辺機器がまるっと収まっている仕様。まるでお江戸の将軍様がカゴに揺られているかの如く。


上下二段に分かれていて、上段に将軍様が鎮座ましまし、下段にアダプター類が警護を固めておられます。


将軍様のお顔もといディスプレイはテッカテカで、指紋がバッチリ載りやすいのは穢れを知らぬ証拠。ボタン類は小さいので、指が大きい人は扱いづらいかも。将軍様は繊細なのです。


電源ボタンを押して数秒。手を離すと赤いランプが灯り、将軍様のお目覚めです。おはようございます。


側面にHDMI、背面にSDIの入出力端子があって、BMCCのSDI出力も画像のとおり。1080P/23.98を認識しております。さすが将軍様、お見事です。


さきほどのケースの中に音声アダプターも入っていて、キャノン端子を接続可能…だけど、将軍様のスマートさを生かすためにはあまりケーブルを付け足さない方が良いように思うのはぼくだけかしら。


BMCCで使用していたインテルのSSD(550シリーズ)は公式情報のとおり、フォーマット完了で使用可能。240GBで2〜3時間ほどの収録って感じですかね。


BMCCはスルーアウトがなさげなので、スクリーン情報がまんま録画されてしまうから、BMCCメニュー画面から消す必要があるのは、まあ仕方ない。


右下の水色のボタンを押すと、RGB情報などが見られるのも嬉しい。赤いボタンを押すと、ゼブラとかピーキングとか設定できます。


上下に1/4インチの三脚穴があるのでどこぞの好きな場所にでも設置してくれい! という将軍様の思し召し。我ら庶民はしかと心得、活用致しましょう。






via Tumblr http://bit.ly/1xe62x8

オリジナル小説、発売になりました。

DJI Phantom2 Vision plus のジンバル異常と修理の仕方。あとH3-3Dに付け替えることが可能であることが判明しました。

備忘録。

かなりニッチな投稿ですが、わかる人には「おおっ」って感じの内容です。

10/16にDJI phantom2 vision+(マルチコプター: 以後P2V+)のジンバル異常が発生。

症状は、モーターから激しく異音がし、永遠に水平を取ろうともがいている。一分もすると発熱し、素手で触れなくなるというものです。


なぜこうなったかというと、P2V+のカメラはいまいちしょぼいので、別のジンバルH3-3Dに付け替え、Goproにて撮影できないかという実験を行った際、ジンバル内部を分解し、回路を見比べていたときに、なにかミスをおかしたのでしょう。

全て元通りにして付け直したはずが、異常発生ということで、基盤がやられたとばかり思っていましたが、色々と調べてみると、海外ユーザーで同じような症状に苦しむ仲間が多く、解決策を見つけた人たちがいました。

墜落等でジンバルが損傷した際、同じ症状を経験している方が多いようです。

下記リンクを参照。

http://bit.ly/1qIUPPG

http://bit.ly/1qIUQTW

なんとも簡単な話で、ジンバルのモーターを止めている軸があるのですが、その軸は半月状になっており、平らな面があります。その平面の向きを2軸目はカメラの水平と同じくすれば直ると言うことでした。

ぼくの場合は、3軸目を分解していたので、そこの軸を直せばいいのだなと思いつき、いろいろ試したところ、カメラに対して垂直にするというそれだけのことで異常は治りました。

H3-3Dの異常動作も同じ処理で治ります。

P2V+のジンバルもH3-3DもDJI製品なので、基本設計は同じで、回路も似たような物でした。

これを修理に出すと、検査費用だけで18900円取られますのでバカバカしい話です。

ちなみに、DJI正規代理店の某店舗はP2V+にH3-3Dは付けられませんと言っていましたが、普通に付けられますし、チルト操作もできます。

P2V+は操作系が920Mhzなので、2.4Ghz帯と干渉せず、Goproのアプリを使うことも可能。もちろん2.4Ghzの映像伝送で高品質FPVも行けるはずです。

そして、P2V+のジンバルの上部分だけを残して、下はH3-3Dにはめ替えてしまえば…おそらくP2V+のFPV機能をGoproで行うことが可能だと思います。


[追記]
P2V+にH3-3Dを付け替える場合は、P2V+に付いている8ピンケーブルを引っ張り出す細工がまず必要ですので自己責任で行ってください。

P2V+のジンバルには、機体から3本のケーブルが出ています。4ピンと6ピンと8ピン(2本抜けている)です。
それを全部外して、ジンバル本体を外します。
すると3本のケーブルは機体の穴(phantom2のH3-3d用の穴と同じです)から少しだけ出ている状態になっているはずです。
その状態で引っ張っても、穴の内側でプラスチック板と糊付けによりロックされているため、動きません。
しかしロックしているプラスチックをマイナスドライバーなどで破壊すると、ケーブルが自由になります。

自由になった8ピンケーブルを一度機体内側に戻し、繋がっている基盤を確認してください。
その基盤はP2V+のコンニャク防止板です(セキドにて売っています)が、その一番近くにあるスキッド穴を開けてください。
おそらく現状は、アンテナが出ているだけで、ゴム状の白い栓で塞がっているはずです。
その栓を外して8ピンケーブルを穴から出すと、H3-3Dの背面にある8ピン端子に接続できます。

あとはP2にH3-3Dを付けるのと同じ要領でねじ止めすればOKです。



via Tumblr http://bit.ly/1Fcruaj