都議会のヤジ問題に関して、世田谷区の有権者として思うことはこんなことです。

ひますぎ。ヤジ飛ばした人特定して、晩産化になにか進展があるの?


そもそも、自分で「涙目になった」とか「ヤジを受けた」とか書く方が議員としてどうかしてないか、と思う。代表してやってんだからさ。結果で語るのが政治家の仕事なんじゃないか?

こういう問題を燃え上がらせて存在感をアピールするのは、ちょっといやらしいと思っちゃいますね。


なぜこんなこと言うかと言えば、この人はぼくの住んでいる世田谷区選出なんですよ。投票したかどうかは(ぼくにも政治問題があるので)あえて言いませんが、当選した以上は、しっかりしろよって思うわけです。

それに、元グラドルで「恋のから騒ぎ」にも出てた人がですよ?

あのさんまさんのツッコミ受けてた人がですよ?


都議会のヤジごときでシュンとなるなんて信じられないっすわ。




さらに言うと、便乗して「自分は良識派デス」みたいな顔してる政治家もうさん臭いと思いますね。

本当に良識派だったら、都議会の問題を公にせず秘密裏に処理して、議会の品位は保とうとするはずですよ。

何でもかんでも世間に公表して信を問うみたいなやりかたは、幼稚。結局自分でなんとかできないから、世論を借りているわけだから。


思うに、政治問題は貸し借りの連続なわけです。


問題が起きたらそこに政治的チャンスが眠っている。


解決する代わりに何か見返りを求めるものです。


この問題だって、水面下ではそうなっているに決まっています。でなければ、こんなしょうもない問題がここまで盛り上がるわけがない。ヤジを飛ばした人を特定する動きだって「誰かが仕掛けて」いるんじゃないかと邪推しても全然変じゃないですよ。


塩村議員はこれで存在をアピールして「問題をうやむやにしない人」ってポジションを狙えるし、女性蔑視や晩婚・晩産化に取り組む議員として、同じ政治家仲間の中でも一歩抜きん出たでしょうから、今後講演会や演説の際に有利になりますね。


一方、ヤジを飛ばした人を守った人々は本人やその派閥から感謝されて何か見返りがある、のかもしれませんね。誰がヤジを飛ばしたのかなんて、わからないわけがないんだから。わからないとか、調べようがないなんて言っているのは、すでにそれが利権と化しているからでしょう。


となると、誰が割を食うのかって、それは都民ですわ。

こんな人たちの利権争いに巻き込まれないようにした方が賢明ですよ。


一般の、市井の、善良な有権者が、この発言に嫌悪を覚え、異議を唱えるのは大変結構です。しかしそれを煽るのが、当の本人だったり、近い場所にいる支援者だったりした場合には、注意が必要です。そしてその煽りに呼応してマスコミが騒ぎだしたときには、炎上マーケティングを疑った方がいいと思います。


塩村議員は美人だし、マスコミ受けもいいでしょうが、善良な有権者が期待しているほどには、当の本人たちは善良でもなく真摯でもないと思います。


どうせメディアに露出するなら、ヤジではなく政策であるべきです。今後も塩村議員がこういうメディア戦略を続けるのならば、ぼくの中では次はないですね。






via Tumblr http://bit.ly/1qzMa6p