ゾンビ時代劇映画「EDO OF THE DEAD」がメディアで取り上げられました。

京都映画・映像企画市という企画コンペで勝ち取った「パイロットフィルム制作費」を使い、今年の二月にゾンビ時代劇を撮影しましたが、そのときに京都新聞、読売新聞、産経新聞、毎日放送といったメディアから取材を受け、徐々に発信されています。

Edo_yomiuri

[読売新聞記事]

Edo_kyotonp
[京都新聞記事]

Edo_sankei

[産経フォト]

 

「EDO OF THE DEAD」は90分の長編を予定していますが、現在の所15分の短編映画です。京都で二回、東京で一回試写を行いました。映画会社や関係者にDVDやブルーレイを送り、出資営業を行っている現状です。

漫画化、ゲーム化への動きも始めています。

さて、どうなりますか……